横浜市緑区霧が丘5-2-13 
ご相談・ご予約tel:045-921-8788 
休診日:祭日 
ホーム > オンライン歯科相談受付 > 横浜市 緑区 歯科、歯ぎしり、マウスピース、顎関節症
一般歯科
いびき治療
睡眠時無呼吸症候群
審美歯科
顎関節症治療
歯周病・歯槽膿漏
費用一覧(保険適応外)
地図・アクセス方法
オンライン歯科相談受付
新着 歯科相談一覧
リンク集
皆様こんにちは。山口歯科医院院長の山口昌弘です。当院は他院では困難な睡眠時無呼吸症候群の治療や、顎関節症治療を行っております。まずはご相談にいらしてください。きっとお力になれます。
オンライン歯科相談受付

2009年11月1日 神奈川県 32歳女性

はじめまして。
 検索サイトよりHPを見つけましたので、問い合わせをすることにしました。
 3年前ほど、歯軋りがあり、また口があまり開かなくなったので、夜だけマウスピースをつける治療を1年ほどしました。
 しばらくは付けていたので、歯軋りも緩和されたようになったのですが、次第に歯並びがずれてきたことに気づき、マウスピースが合わなくなってきました。
 そのため、マウスピースを付けなくなったら、歯軋りが再開したようで、最近では毎朝頭痛がすることが増えました。また、左側で食事すると、かむときに上と下の奥歯が痛み、冷たいものや熱いものの液体がしみるようになったので、左側であまりかまないようになりました。
 子供の頃に、前歯の矯正とあごの矯正をした経験があります。
 歯の痛みやしみるのを緩和することは可能でしょうか。
 ご意見をうかがえればと思います。

こんにちは、山口歯科医院 院長の山口昌弘です。
 メール、拝見しました。
 おつらいとお察しいたします。
 実際に、診察させていただいていないので、一般論になります。
 まず、二つあります。
 ひとつは、夜だけマウスピースを入れていて、それによって歯並びが悪くなることは、非常に考えにくく、逆に、固定の効果があるのが普通だと思います。
 だとしたら、その固定の効果を超えるような歯並びが悪くなる要因が、他に何かお口の中にある可能性はあると思います。
 もうひとつは、その他の症状は、顎関節症だと思います。
 この二つは、噛み合わせ、関節と、非常に関連しています。
 実際に診察させていただいていないので、断定は出来ませんが、夜マウスピースを入れていても、歯並びが悪くなってしまう原因に対処することが、
解決のヒントになると思います。大事にして下さい。

医院案内
山口歯科医院
一般歯科・審美歯科・顎関節症・睡眠時無呼吸症候群・歯周病・往診
神奈川県横浜市緑区霧が丘5-2-13 [地図・アクセス方法]
ご相談・ご予約tel:045-921-8788 お気軽にお電話ください。 予約制(新患・急患随時受付) 各種保険取扱
平日AM.9:30〜PM1:00 PM2:30〜PM8:00 土曜AM.9:30〜PM1:00 PM2:00〜PM5:00 
日曜AM.9:00〜PM1:00 休診 祭日 ※最終受付は診療終了の30分前となります。

Copyright(c)2009 Yamaguchi Dental Clinic. All Rights Reserved.